TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

VIEW GISTA 美観・居住性・防水は融合へ 防滑性ビニル床シート ビュージスタ

< 戻る

DATE2:耐候性

真夏の太陽光や雨水にも優れた耐候性を発揮。

マンションの共用廊下やバルコニーなどの半屋外や屋外の床には、直射日光による紫外線や雨水など、自然環境による変質・変色や、劣化に耐える性能が求められます。とくに紫外線はプラスチック素材を変色・劣化させやすいため、この影響にどれだけ耐えられるかが耐候性の目安になります。
耐候性試験機により、ビュージスタにJIS基準の20倍にあたる3000時間の照射を行い、その変化を観察しました。通常の、一般のビニル床材の耐候性試験は、150時間のキセノンランプ照射により、その床材の変退色度をグレースケール比較で評価します。ビュージスタの耐候性試験では3000時間の照射にもグレースケール3号以上の性能をもつことを確認しました。

■試験概要
キセノンアークランプ照射条件はJIS K 7350-2、
試験方法はJIS A 1415にそれぞれ準拠して行う。

■試験概要
光源は特定の波長範囲の光を放射する石英管封止のキセノンアークランプにデイライトフィルタを用いる。試験片面の照射照度550W/m2、ブラックパネル温度63±3℃、温度50±10%の条件で102分照射後、18分照射及び水噴霧を1サイクルとして一定時間暴露した後の色の変化をグレースケールにて判定する。

■試験結果

ページトップへ