TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

VIEW GISTA 美観・居住性・防水は融合へ 防滑性ビニル床シート ビュージスタ

< 戻る

DATE13:ビュージスタシリーズ・メンテナンス> 居住者向けメンテナンスシート

メンテナンスのサイクル

■オーナーによる作業

■メンテナンス専門業者による作業

メンテナンス方法


  • ■メンテナンスの前に(マットの設置)

    •エントランス入り口の他、エレベーターホール前などに泥よけマット類を敷き、土砂の浸入を防いでください。マット類はこまめに清掃、交換してください。油剤を用いたマット類や除塵クロスはビュージスタに汚れを付着させたりする恐れがあります。

    •ほうきなどで砂や塵、埃などを取り、硬く絞ったモップによる水拭きで汚れを除去します。

    ■メンテナンス方法

    部分的に汚れが目立つ場合は、床材用洗浄剤または、床用中性洗剤をぬるま湯で規定の倍率に希釈し、デッキブラシ等でこすり洗いしてください。洗浄後、洗浄分を残さないようにきれいなぬるま湯ですすぎ洗いし、きれいなモップで拭きあげ、よく乾燥させてください。

  • クリーナー<床洗浄剤>

※洗剤分が残ったり、濡れがある場合は転倒事故や再汚染の原因となります。

※屋外・半屋外に使用した場合は、紫外線により変色劣化しますので、ワックスの塗布は避けてください。

使用上の留意事項


  • 水漏れや砂の持込は滑り易くなり、転倒する恐れがありますので、マットなどを設置して、雨水や砂の持込を防止してください。持ち込まれたときは直ちに除去するようにしてください。

  • 床材に剥がれ、反り、ふくれ、割れが生じましたら、専門業者に連絡をして直ちに補修してください。そのままにしておきますとつまずいて転倒したり、浮いた床材を踏みつけて滑る事故が生じます。

  • 重量物の無理な移動で、ひきずりますと傷や、剥がれの原因になりますので注意してください。

  • ハイヒールや傘、家具など局部荷重をうけますと、圧痕(破損)が残る可能性がありますので注意してください。

  • タバコの火により焦げ跡が生じますので、投げ捨てや踏み消しをしないようにしてください。

  • 木材用防腐剤や防蟻剤によって床材が黄色または褐色に変化することがあります。

  • 美観維持のため、土砂やゴミ等は定期的に取り除いてください。

タイヤのゴムやその他のゴム製品などの接触によって、ビニル床材の表面に黒色や黄褐色の跡がつく場合があります。これはゴムの中の老化防止剤とプロセスオイルが滲み出して跡をつけるものです。滲み出しのないゴムに取りかえるか、保護板を用いてください。


■汚れが付着した場合は、放置せずに直ちに除去してください。

■汚れ除去にシンナーなどの有機溶剤は使用しないでください。

※ベランダ、バルコニーなどで鉢植えを置いて液体肥料や殺虫剤を使用することが考えられます。園芸用品なども同様にご注意ください。

汚れの種類別手入れ方法


  • ただちにふき取り、洗剤を使用して汚れを除去し、水で洗い流してください。放置しておくと変色等の問題が発生する場合があります。

  • ただちにふき取り、洗剤を使用して汚れを除去し、水で洗い流してください。放置しておくと床がふくれる等の問題が発生する場合があります。

  • ほうき等で土を取り除き、洗剤を使用して汚れを除去し、水で洗い流してください。

  • 灰による汚れは、洗剤を使用して汚れを除去した後、水で洗い流してください。こげ跡が軽度の場合には、まずこげ跡をサンドペーパーでこすり、仕上げます。

  • 放置しておくと除去しにくくなるので、ただちにふき取り、洗剤を使用して汚れを除去し、水で洗い流してください。

  • 氷を袋に入れ、ガムをよく冷やして硬くした後、ヘラ等で床を傷付けないように除去します。取りきれなかったガムはドライヤー等で温め、冷めないうちにガムテープを繰り返し押しあて除去します。

ページトップへ