TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

田島ルーフィングがご提供する 床材・防水材の環境情報です。

防水材の取り組み

田島ルーフィングでは、防水材のリサイクルとして、製造時に生じる製品屑のサーマルリサイクルを実施しています。
アスファルト系のルーフィング類は、複数の異なる原材料を加工し製造した複合物ですので、材料ごとに分離することは困難でした。高温で溶けるというアスファルトの特性や、ルーフィングが巻かれた形状で製品屑となる点も、リサイクルを阻む要因となっていました。しかし、油圧ショベルを導入し、チョッパーによる製品屑の輪切りが可能になると、サーマルリサイクルへの可能性が広がりました。

サーマルリサイクルとは、アスファルト系のルーフィング類を、製紙メーカーや畑のビニールハウス、石膏ボードメーカーのボイラー用の燃料となるRPF(廃棄物固形燃料)」に加工することで、石炭代替燃料として再利用するというものです。

RPF(廃棄物固形燃料 Refuse Paper&Plastics Fuel)

・産業廃棄物の紙くずと廃プラスチックを原料にしたリサイクル燃料
・主に製紙工場などで発電用ボイラーの燃料として使用される

PF(廃棄物固形燃料 Refuse Paper&Plastics Fuel)

RPF(廃棄物固形燃料-石炭代替燃料)

現在、大分県、茨城県、埼玉県の3箇所においてRPFへの加工を行っており、アスファルトルーフィング廃材の約7割が、RPFとして生まれ変わっています。

また、RPFとして使用された後の焼却残渣も、路盤材やセメント原料として再び利用されるなど、単純なサーマルリサイクルにとどまらない、付加価値の高い再利用を行っています。

RPF(廃棄物固形燃料-石炭代替燃料)

RPF(廃棄物固形燃料-石炭代替燃料)

防水材のグリーン購入法適合品

グリーン購入法とは

正式には「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」という名称で、平成12年5月31日に公布(平成12 年法律第100 号)、平成13 年4月1日から施行されています。 この法律は、国の機関などが物品を調達する際、環境への負荷が少ないものを調達するように定めたもので、地方自治体・民間にもグリーン購入に努めるべきとし、 国全体の環境物品の需要促進して地球環境を保護しようとするものです。

具体的には、グリーン購入法に適合する「特定調達品目」とその「判断基準」を定め、この基準に適合した商品が「グリーン購入法適合商品」となります。

クリーン購入法に適合しているかは自己判断となります。特別な審査や証明書等はございません。 「環境物品等の調達の推進に関する基本方針」にある判断基準に適合していると判断できれば、グリーン購入法適合品となります。

当社のグリーン購入法適合品

※上記の製品を使用した全ての仕様が該当します。

◆グリーン購入法適合品の検索サイトに当社の製品が登録されていますので、是非ご利用下さい。

・エコ商品ネット http://www.gpn.jp/econet/

【参考資料】「環境物品等の調達の推進に関する基本方針 平成23 年2 月」より

特定調達品目名:公共工事

品目分類:防水

品目分類:断熱材

品目分類:屋上緑化

防水材のF☆☆☆☆取得品

ホルムアルデヒド放散等級表示登録書

2016年1月現在

防水材のアスベスト使用状況について

当社におけるアスベスト含有製品の製造状況

当社は現在製造および販売しているすべての製品にアスベストは一切使用しておりません。過去に製造した製品の一部にはアスベストを使用したものがありましたので、その使用状況についてお知らせいたします。

※屋根材「シングル」「フネンシングル」には生産開始当初から一切アスベストは使用しておりません。

工場所在地:宮城工場…東京都足立区宮城 埼玉工場…埼玉県鶴ヶ島市

解体工事及び廃棄処分について

上記の製品はすべて「非飛散性アスベスト廃棄物」に分類されます。「石綿障害予防規則」及び、「建築物等の解体等の作業における石綿対策
<改正石綿障害予防規則の概要>(厚生労働省)」等に従って処理してください。

健康障害の発生状況について

工場従業者、退職者、関連社員において問題は発生しておりません。

解体工事及び廃棄処分について

工場周辺地域からの、アスベストに関する問題は発生しておりません。

ページトップへ