TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

グリーンルーフシステム 都市の屋上を緑豊かに 保水+排水+耐根システム「G-ウェイブ」

< 戻る

G-ウェイブのあゆみ

田島ルーフィングの屋上緑化には、数多くの歩みがあります。

増え続けるビル、減り続ける緑に、環境問題が騒がれる、今。その対策が様々に論じられ、利便性、機能性が人々の生活を豊かにすると考えていた時代から、癒しとゆとりを求める暮らしへ変わろうとしています。田島ルーフィングは「人・街・緑の共生」をテーマに長年、屋上緑化の研究を続けてきました。人々の暮らしが本当の豊かさに近づくために、その技術が、今、実を結ぼうとしています。

1919
●東京・三河島に応用化学研究所を創業アスファルトルーフィングの国産化に成功。
製品ブランド「三星」と定める
1990
管理型緑化システムGウェイブFD-L発売
管理型緑化システムGウェイブFD-L
1994
田島ビル完成 宮城工場がISO9002の認定を受ける
田島ビル
1998
省管理型緑化システム Gウェイブ・エコム発売
●屋上緑化事業会社(株)ゼフュルス設立
省管理型緑化システム Gウェイブ・エコム
2002
●(株)ゼフュルスから田島緑化(株)へ社名変更
イメージ
2006
セミインテンシブ型緑化システム FD-GCP発売(現 FD-LE)
●第5回屋上緑化特殊技術コンクールにて「彩の葉ファクトリーガーデン」日本経済新聞社賞受賞
2008
●大手町・丸の内・有楽町地区屋上緑化アイデア提案競技にて
「フローラルストリーム」最優秀賞受賞
2009
薄層芝生緑化システム FD-TS発売(現 FD-LS)
2013
田島ルーフィング(株)田島緑化(株)統合・合併
●Gウェイブシステムリニューアル
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

植栽(常緑キリンソウ)・緑化関連部材・自動灌水については田島緑化工事webサイトをご覧ください

  • 植栽(常緑キリンソウ)
  • 緑化関連部材
  • 自動灌水

ページトップへ