TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

グリーンルーフシステム 都市の屋上を緑豊かに 保水+排水+耐根システム「G-ウェイブ」

< 戻る

緑の日傘効果について

長年培ってきた技術で軽量で緑の日傘効果を実現 薄層で遮熱効果のあるシステムとは?それを可能にする、Gウェイブシステム

緑の日傘効果について

屋上を緑化すると水分が蒸発し地表の熱が奪われるため、特に夏場の建物において緑の日傘(遮熱)効果がみられます。赤外線サーモグラフで見ると緑化していない屋根の表面温度は約68.3℃に対して、屋上緑の表面温度は約40.7℃前後を推移しており、27.6℃近い温度差があることがわかります。特に効果が見られる屋上直下のフロア(天井裏)では約2.0℃の低下が見られ冷房費の節約に繋がるため、緑の日傘(遮熱)効果による省エネルギー効果が期待できます。

  • 赤外線サーモグラフ

    ※赤外線サーモグラフ:物体から出ている目に見えない熱を持っ
    た光を捉え、見かけの温度に変換して温度分布を画像として表
    示する装置

  • 三菱電機㈱稲沢製作所第15工場屋上緑化

    (物件名)三菱電機㈱稲沢製作所第15工場屋上緑化
    (緑化面積)5161.2m2
    (緑化仕様)FD-LE(土厚80㎜)
    (撮影日)2008年8月12日:午前(2007年11月15日)

グラフ

植栽(常緑キリンソウ)・緑化関連部材・自動灌水については田島緑化工事webサイトをご覧ください

  • 植栽(常緑キリンソウ)
  • 緑化関連部材
  • 自動灌水

ページトップへ