TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

グリーンルーフシステム 都市の屋上を緑豊かに 保水+排水+耐根システム「G-ウェイブ」

< 戻る

耐風圧性能について

風に負けない耐風圧性能が必要 屋上には風が吹く。 だから、複雑な風の力からグリーンを守る

  • 気候や風土による風の種類の違いとは別に、建物や植物の高さにより、風圧のかかり方は変わります。そこで耐風対策はそれぞれの環境を考慮して、慎重に立てていかねばなりません。屋上緑化にしても、庭園型、薄層型で耐風対策は異なります。庭園型では正の風圧によるトラブルが多く、薄層型では負の風圧によるトラブルがよく見受けられると報告されています。
  • 概念図
FD-LE工法の耐風圧性能
  • FD-LE工法の耐風圧性能についての考察

    FD-LE工法は、FDドレインLNをエコムテープ20でルートガードDに接着固定する工法です。

    【FD-LE工法の下地接着面積】

    約526cm2/m2
    【下地接着強度】
    ルートガードD/エコムテープ20/FDドレインの長期接着強度は約20N/cm2(40℃温水浸漬3年)である。よって、
    接着強度は、10,520N/m2となる。

  • 概念図
  • 【屋根面にかかる風圧算定】
    事例1.沖縄某現場の屋上緑化面が受ける風圧力の算定

    算定に際して、適用される当該現場データは以下のものである。
    基準風速:46m/秒(沖縄県名護市)
    建物の高さ:18m
    地表面粗度区分:Ⅱ(海岸線より500m以内等)
    上記条件において、風圧力を算定すると、
    FD-LE工法の接着強度は前述の約10,000N/m2であるから、
    当該現場での風圧力に対する安全率は約150%となる。

  • 表
  • 事例2.神奈川県某現場の屋上緑化面が受ける
    風圧力の算定

    基準風速:34m/秒(神奈川県足柄上郡)
    建物の高さ:13m(3FL)
    地表面粗度区分:Ⅱ(海岸線より500m以内等)
    上記条件において、風圧力を算定すると、FD-LE工法の接着強度は前述の約10,000N/m2であるから、
    当該現場での風圧力に対する安全率は約300%となる。

  • 表

【結 論】 FD-LE工法の耐風圧性能は、十分な安全率を有していると判断される。

風から緑を守る確かな耐風圧性能

薄層緑化システムは、薄くて軽いのが最大の特長。
しかし薄くて軽いということは風に飛ばされる可能性も高くなるということです。
台風の通り道にもなる日本では、しっかりとした耐風対策を行うことが必要となります。

風圧力イラスト

  • 「Gウェイブ」の耐風圧性能は
    十分な安全率を有しています

    両面粘着材「エコムテープ20」による接着固定工法を採用し、躯体を傷付けることなく薄層緑化システムを固定することが可能です。「エコムテープ20」はブチルゴム製で、長期的に約20N/㎠(40℃温水浸漬3年)の接着強度を保持する両面接着テープです。沖縄(基準風速:46m/s・建物高さ:18m・地表面粗度区分:Ⅱ)を想定した耐風圧計算に於いても安全率が約150%であることから、充分な固定強度を有していることがわかります。

    土壌の飛散防止策

    FDマルチは、土壌表面を露出することなく覆うことで土壌の飛散を防止するマルチング用火山砂利です。また、エコムネットは、風で転がるFDマルチ等を抑える風飛び防止ネットです。

  • 概念イラスト

植栽(常緑キリンソウ)・緑化関連部材・自動灌水については田島緑化工事webサイトをご覧ください

  • 植栽(常緑キリンソウ)
  • 緑化関連部材
  • 自動灌水

ページトップへ