TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

グリーンルーフシステム 都市の屋上を緑豊かに 保水+排水+耐根システム「G-ウェイブ」

< 戻る

緑化に適した防水について

より高い防水機能が、より安全な屋上緑化に繋がる 漏らさず、丈夫で長持ち。 アスファルト防水は、屋上緑化に最適

  • 屋上緑化用防水に求められる主な性能は4つあります。水密性、耐荷重性、耐根性、そして最も重要な防水層の耐久性。一旦緑化すると、防水層の点検・修理は大変な時間と費用を必要とします。しかし、耐久性が高ければ、点検・修理までの時間が長くなり、結果的に費用の節約に繋がるのです。田島ルーフィングのアスファルト防水は、これまでの実績と現場から採取したデータに基づいて耐用年数を割り出し、安全な屋上緑化を実現します。
  • 概念図

日本建築学会 第2回防水シンポジウム資料集 P226 ~ P228 より抜粋

緑化用防水層では植栽がなされた後の防水層の点検、修理は困難である。そのことを前提に考えると、ひとたび防水を施したら手を加えず長時間、防水機能を保ち続けることが期待される。…中略…

a)庭園・菜園型防水層
大型の樹木の植栽、あるいは深い土壌層を必要とする本格庭園や菜園ではその後防水層の点検、補修はほとんど不可能と考えるべきである。従って、特に充分な耐久性、50年程度のライフの期待される防水層とする必要がある。

b)薄層省管理型防水層
最近の傾向として軽微な植栽で緑化を行う例が増えている。この場合は土壌層もさほど厚くならず、万が一漏水事故が発生したとしても、その後のある程度の改修は可能である。そのため通常の屋根防水で期待される20年程度の耐久性が必要と考えた。…後略…

様々な防水、その性能と特徴

表

防水保護材について
  • 屋上緑化を行う場合、施工時やメンテナンス、植替えの際に、スコップやはさみ、カッターなどを使用するケースが多く見受けられます。防水層が存在する屋上では、それらの工具を落とすなどして、防水層が痛まないように注意することはもちろんですが、設計や施工の段階で防水保護層を設置し、防水層が損傷する可能性をできる限り減少させておくことも、安全に施工を行ううえで有効です。防水層を保護する部材を右に列記します。
  • イメージイラスト

防水保護材について

保護コンクリート 厚60~80㎜を現場にて打設。断熱材の真上で打設する際は溶接金網を挿入することもあります。コンクリートの伸縮を吸収するために、3mおきに伸縮目地を設置します。 保護モルタル 厚20~30㎜を現場にて打設。ひび割れが発生する可能性が大きい。 FDマット 厚5㎜の合成繊維製リサイクルマット。屋上緑化システムFD-LP仕様には標準装備。長時間屋外暴露は不可。 バリキャップ 厚6㎜のアスファルト製成型板(500×1000)。アスファルト防水用の保護板として有効。一時的であれば重機の走行も可能。

植栽(常緑キリンソウ)・緑化関連部材・自動灌水については田島緑化工事webサイトをご覧ください

  • 植栽(常緑キリンソウ)
  • 緑化関連部材
  • 自動灌水

ページトップへ