TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

グリーンルーフシステム 都市の屋上を緑豊かに 保水+排水+耐根システム「G-ウェイブ」

< 戻る

排水計画について

貯めすぎない、流しすぎない排水がよりよい屋上緑化をつくる 出入口が詰まっていたら水は流れない。 だから、排水口周りを徹底ガード

屋上が受ける雨水などを地上に流す道の出入口が排水口。その出入口が狭くなれば、水は流れにくく、完全に詰まってしまえば、水は貯まっていくばかり。屋上が水に浸かりっぱなしでは、植物の生育に悪影響を及ぼし、当然ながら、建物にも良いはずはありません。水害事故や植物の生育不良を防ぐためにも、排水口周りの対策をしっかり行うことが大切です。

排水口の目詰まりによる排水阻害対策
  • FDフィルターの透水性能

    屋上緑化にとって、植物の生育に必要な水にまつわる性能は常に高いクオリティが求められます。流水量の安定性に影響する透水性能もその1つ。客土、給水、乾燥のサイクルを長期間付与し、透水性能を実験したところ、湿潤、乾燥のサイクルを経ても、FDフィルターは目詰まりすることなく、安定した透水性能を示しました。

    概念図

  • FDフィルターの透水性能

    植栽排水口の内側にDOパイプを取り付け、FDフィルターを設置する。

    概念図

    • DO パイプ
    • DO パイプ

      植栽立上がり部、ドレイン周りからの客土中の水分、表面水を排出する機能と土の流出を防ぐ補助機能を併せ持つパイプ。

排水計画
  • 屋上緑化を計画するにあたり、
    該当屋根の排水計画を立てることが重要です。

    ≪注意点≫

    ・屋根の排水勾配は、1/100~1/50程度とする。
    ・ルーフドレインの個数は、隣接屋根や壁の面積を考慮した個数とする。
    ・万一のドレインの詰まりを想定し、最低でも2個は設置。必要に応じて、オーバーフロー管の設置も検討する。
    ・上階からの排水が植栽帯を通らないような植栽配置とする。
    ・植栽位置は壁面に隣接させないようにする。

    概念図.

  • ルーフドレインの個数の求め方

    ルーフドレインの個数は、雨水排水用の管の径、屋根面積、時間当たりの降雨量予測から求めます。通常屋根面積の計算は、A + Bとされていますが、屋上緑化をする場合は以下の注意が必要です。

    対策

    高層ビルなどの大きな壁面に接するルーフドレインの許容最大屋根面積の計算をするときは、安全のため、壁面積の1/2を加算すること。

    概念図

植栽(常緑キリンソウ)・緑化関連部材・自動灌水については田島緑化工事webサイトをご覧ください

  • 植栽(常緑キリンソウ)
  • 緑化関連部材
  • 自動灌水

ページトップへ