TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

屋根下葺材 構成/規格一覧表

下葺材の構成

下葺材は用途や目的に応じていくつも種類があり、その多くはアスファルトと基材の組合せから構成されています。
使用されるアスファルトと基材の性質により、下葺材の特長やグレードが決まってきます。

■アスファルトと改質アスファルト

下葺材の主な構成材料のひとつがアスファルト。アスファルトは原油を精製して最後に残る石油製品です。すぐに浮かぶのは道路舗装に使用されているアスファルトですが、じつは太古の昔、ピラミッドを積み上げた際に、石どうしの隙間にアスファルトを詰めて水が浸入するのを防ぐ目的で用いられ、いわゆる「防水材」として長い歴史を誇る材料です。

一般的なアスファルトはセルフシール性があり、コールドフローにより自己癒着するといった防水に好ましい性質をもっています。その一方、高温で柔らかくなりすぎる、低温で割れてしまいやすいといった弱点を持っています。そういった点を改善するために、アスファルトにポリマー等を添加し機能を向上させた、改質アスファルト※を用いた下葺材の割合が近年増加しています。

改質アスファルトは高温でダレにくく、低温で割れにくいといった、高温から低温まで広い温度範囲で優れた特性を持つほか、弾性を持ち、タッカーや釘穴に対するシール性や耐久性に優れているなどの特長があります。

※改質アスファルトを“ゴムアスファルト”と呼ぶ場合もあります。

■基材

アスファルト系防水シートの基材には一般に紙(原紙)が使用されてきました。原紙にアスファルトを含浸させただけのものはアスファルトフェルトと呼ばれ、主に外壁下張材として使用されています。

防水性を向上させるため、アスファルトフェルトの両面にさらにアスファルトをコーティングし、鉱物質粉粒を付着させたものはアスファルトルーフィングと呼ばれ、屋根下葺材として使用されています。

原紙を使用したフェルトやルーフィングは風にあおられて破れやすいなどの問題があり、それを解決するため、原紙を合成繊維不織布で補強した下葺材などが使用されるようになりました。さらに、合成繊維不織布を基材として用いるタイプも登場し、次のような特徴を持つ下葺材も近年多く見かけるようになりました。

・高い寸法安定性をもちステープル部が破れ難い。

・建物の動きに対して追従する伸びがある。

  • アスファルトフェルト

    アスファルトフェルト 概念図

  • アスファルトルーフィング

    アスファルトルーフィング概念図

下葺材規格一覧表
  品名 長さ×幅
厚さ/重量
一般呼称 固定方法
  マスタールーフィング 20m×1m
22kg/厚さ 1.3mm
改質アスファルト
ルーフィング
タッカー留め
LR
シリーズ
ニューライナールーフィング 20m×1m
0.8mm/17kg
改質アスファルト
ルーフィング
タッカー留め
ライナールーフィング
ラムダ
20m×1m
1.0mm/22.5kg
ホームルーフα 21m×1m
1.0mm/21.5kg
ライナールーフィング 500 20m×0.5m
0.8mm/8kg
タディス
シリーズ
タディスクール 20m×1m
1.0mm(ドット含まず)/16.5kg
  タッカー留め
タディスブラッサム 20m×1m
1.2mm(ドット含まず)/18.5kg
改質アスファルト
ルーフィング
タッカー留め
タディスブラック 16m×1m
1.2mm/23kg
タディスセルフアーマー 16m×1m
1.0mm/22kg
粘着層
タディスセルフ 16m×1m
1.0mm/17kg
1.2mm/20kg
粘着層
(遅延タイプ)
Pシリーズ
PカラーEX+
プラチナスタイル
21m×1m
1.0mm/20kg
改質アスファルト
ルーフィング
タッカー留め
PカラーEX+ 21m×1m
1.0mm/21.5kg
Pカラー 21m×1m
1.0mm/23kg
アスファルト
ルーフィング
PカラーM
(寒冷地区限定)
21m×1m
1.0mm/23kg
粘着系 アンダーガムロンK 16m×1m
1.0mm/18kg
改質アスファルト
ルーフィング
粘着層
アンダーガムロンM 12m×1m
1.5mm/23kg
アンダーガムロン DX 8m×1m
2.0mm/18.5kg
アスヤン SB 105 10.5m×1m
1.1mm/17kg
アスヤン SB 200 20m×1m
0.6mm/14kg
各ブランドについて
LRシリーズ
:大手ハウスメーカーのご要望に対応した、歴史ある最高品質ブランド。
タディスシリーズ
:コストパフォーマンスに優れ、施工性にも着眼した使いやすい製品群。
Pシリーズ
:JIS適合品を中心とした汎用品群。

ページトップへ