TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

防水改修:防水改修で屋上をValueUp!TAJIMAが誇るリニューアルテクノロジー

< 戻る

金属屋根改修

金属屋根の維持・改修は、メンブレンによる

学校・公共施設の体育館や、大規模工場などの金属屋根改修にあたっては、主に塗料による塗り替え、既存屋根の上に同じ金属屋根を葺くカバー方式、それに既存屋根を撤去して葺き替える、3つの方法があります。塗り替えの場合、防水機能はほぼありませんし、今後も比較的短期サイクルでの塗り替えが必要です。金属屋根カバー方式は、新たにかぶせる屋根材の荷重やコストの問題があります。葺き替えの場合は、コストはもちろん、撤去した屋根材の処分、工事期間中の雨対策や業務休業を強いられるなどの心配があります。聞き慣れない言葉かもしれませんが、「メンブレン防水」による改修は、既存の金属屋根に高い防水性能を付与しつつ、荷重・耐久性などの問題をクリアする、これまでにない金属屋根改修工法です。

※メンブレン防水(Membrane Waterproofing:「膜」の意。建物を防水性のある一連の膜で覆うことを言う。

防水改修工法がおすすめです。
  • メンブレン防水工法

    メンブレン防水工法による金属屋根改修は最も大切な”雨を防ぐ”という機能を復活・強化させるだけでなく、建物自体を新しいイメージでよみがえらせます。

※メンブレン防水(Membrane Waterproofing:「膜」の意。建物を防水性のある一連の膜で覆うことを言う。

ページトップへ