TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

GUMCOOL 粘着技術の粋を極めた 改質アスファルトシート防水

< 戻る

防水性能

防水性能

いくつもの検証を経て立証された、圧倒的なパフォーマンスを備えた防水システム

  • ■下地の亀裂への防水層追従性能①
    耐繰り返し疲労性能

    防水層の下地はさまざまな要因により挙動が生じており、その下地の動きに防水層が追従できなければ、破断、漏水の事態に至ります。ガムクール防水層の繰り返し下地追従性能を確認します。

    ■繰り返し疲労試験

    ■試験方法
    JISA6013(2005)耐疲労試験に準ずる。下地の亀裂幅0.5 ~ 2.5mm の拡大縮小を、繰り返し600 サイクル行い、GSS-2S 防水層の状態を観察する。また80℃加熱劣化112 日後の防水層についても同様の試験を行う。

  • 試験結果
  • ■下地の亀裂への防水層追従性能②
    破断抵抗性能

    ガムクールのゴムアス自着層はその軟接着効果により、下地亀裂部に発生する応力を全体に分散することで、材料が破断することを極力抑制します。実際にどの程度の幅まで追従できるかを確認します。

    ■破断抵抗性試験

    ■試験方法
    左記試験同様、スレート板下地にガムクールキャップを貼り、中央部亀裂を一定速度(5mm/ 分)で開いていき、防水層破断時の強度を亀裂幅で測定する。
    測定温度:-15℃

  • 試験結果
  • ■ガムクールの耐衝撃性能

    防水層は思いもかけない機械的な損傷を受ける場合があります。施工中やメンテナンス時に誤って工具や重量物を落としたケースを想定した試験を行いました。

    ■繰り返し疲労試験

    ■試験方法
    先端が半球形状のシリンダー型おもり(500g、鉄製)を高さ1.5m の位置から落下させ、試験体表面の破損状況を観察する。
    試験温度:-15℃

    ■試験体
    コンクリートパネルの表面にガムクールキャップ、ガムクールキャップEX を貼り付け試験体とする。

  • 試験結果

ページトップへ