TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

アルミニウム フラッシングシステム 防水層の立上りをしっかりガード 乾式保護工法「AP-FG」

AP-FG工法とは

  • デジタルカタログへ

Point1
AP-FG工法とは
  • アルミ笠木や水切りと、乾式保護ボードを組合わせ、防水層の立上りを効率的に保護するシステムです。
  • AP-FG工法
Point2
中空押出成型セメント板「FGボードE」
  • FGボードEは、セメント・珪石粉末などの無機質原料を加工した不燃材料です。
    高強度で吸水性が低く、寸法安定性や耐久性に優れています。
  • FGボード E

ライナーs AP-FG

  • デジタルカタログへ

ライナーs AP-FGとは

パラペットに立上げられた防水端末を固定し保護するライナーコーピングsに、中空押出成型セメント板「FGボードE」を組合わせた立上り保護システムです。

  • ライナー s AP-FG

    ライナー s AP-FG断面図

    ※FGボードEの高さは、水下で600mm以内を基本とします。

    • ■APステイ

      APステイ

    • ■APコーナーアングル

      APコーナーアングル

    • ■アンダーステイ U

      アンダーステイ U

    • ■アンダーステイ L

      アンダーステイ L

    • ■ビス(HPS6-15-40)

      ビス(HPS6-15-40)

      ステンレスビス:42㎜
      プラグ:40㎜
      ドリル径:6㎜

    • ■FGボード E

      FGボード E

    ■規格:AP-FG工法共通部材

  • ■ドリルビス

    ドリルビス

  • ■六角ボルトセット

    六角ボルトセット

  • ■ボードクリップ

    ボードクリップ

  • ■ブラケット s

    ブラケット s

    • ■ビス(TU8-40)

      ビス(TU8-40)



    • ステンレスビス:50㎜
      プラグ:40㎜
      ドリル径:8㎜
  • ■規格:ライナー s AP-FG工法用部材

ライナーキープs

  • デジタルカタログへ

ライナーキープs AP-FGとは

腰壁に立上げられた防水端末を固定し保護するライナーキープsに、中空押出成型セメント板「FGボードE」を組合わせた立上り保護システムです。

  • ライナーキープ s AP-FG

    ライナー s AP-FG断面図

    ※FGボードEの高さは、水下で600mm以内を基本とします。

    • ■APステイ

      APステイ

    • ■APコーナーアングル

      APコーナーアングル

    • ■アンダーステイ U

      アンダーステイ U

    • ■アンダーステイ L

      アンダーステイ L

    • ■ビス(HPS6-15-40)

      ビス(HPS6-15-40)

      ステンレスビス:42㎜
      プラグ:40㎜
      ドリル径:6㎜

    • ■FGボード E

      FGボード E

    ■規格:AP-FG工法共通部材

  • ■ドリルビス

    ドリルビス

  • ■六角ボルトセット

    六角ボルトセット

  • ■ボードクリップ

    ボードクリップ

  • ■ブラケット s

    ブラケット s

    • ■ビス(TU8-40)

      ビス(TU8-40)



    • ステンレスビス:50㎜
      プラグ:40㎜
      ドリル径:8㎜
  • ■規格:ライナーキープ sAP-FG工法用部材

フラッシュガードAP-FG

  • デジタルカタログへ

フラッシュガードAP-FGとは

防水端末の水切り機能と、乾式ボードの固定機能を併せもった「フラッシュガード」と、 中空押出成型セメント板「FGボードE」で立上りを保護するシステムです。

フラッシュガードAP-FG

■コーナー類部材
コーナー類部材
■小口フタ
小口フタ
■ジョイント板
ジョイント板
■ビス(HPS6-15-40)
ビス(HPS6-15-40)
ステンレスビス:42㎜
プラグ:40㎜
ドリル径:6㎜
■アルミバー
アルミバー
※アルミバーはジョイント板に同梱
■ビス穴位置
ビス穴位置
■フラッシュガード AP-FG
フラッシュガード AP-FG
※APステイ、アンダーステイUおよびLについては、19ページをご参照ください。
※フラッシュガードAP-FGとAPステイがセット販売になっています。それぞれ単体でも注文可能です。

デジタルカタログへ

AP-FG-E

  • デジタルカタログへ

AP-FG-E工法とは

パラペットのアゴ下に、あらかじめAP-FG-Eホルダーを設置してコンクリートを打設し、中空押出成型セメント板「FGボードE」の差込溝を設けるシステムです。

AP-FG-E(アゴ下取付タイプ)

AP-FG-E(アゴ下取付タイプ)

AP-FG-E(アゴ下取付タイプ)

■FG-Eホルダ
FG-Eホルダ
■FG-Eホルダーキャップ
FG-Eホルダーキャップ
■FG-Eホルダーコーナー
FG-Eホルダーコーナー
■FG-Eホルダージョイナー
FG-Eホルダージョイナー
■FG-Eホルダー釘
FG-Eホルダー釘
■規格:AP-FG-E工法用部材
規格:AP-FG-E工法用部材
■FG-Eホルダーセット(4m分)
FG-Eホルダーセット(4m分)

ページトップへ