PV-FIX

ソーラーパネル架台設置用 軽量乾式基礎

ソーラーベースS

ソーラー架台をシンプルに設置

コンクリート基礎が不要。軽量で工期短縮を実現。15mmの範囲で高さ調整が可能。

可動式押さえキャップが防水層端末を保護。防水メンテナンスにも配慮した安心設計。

対応可能な防水工法

  • アスファルト
  • 改質アスファルト
  • 塩ビシート
  • ウレタン塗膜

太陽光パネルの発電期間(25年以上)を見据えた高耐久仕様の防水をおすすめします。

その他の防⽔⼯法をご検討の場合はご相談ください。
ソーラーベースS
  • 構成部材

    構成部材
  • 部材寸法

    部材寸法
    高さ

    架台設置高さ:121mm〜136mm

    高さ調整範囲:15mm

    重量

    3.3kg/個

    材料

    一般構造用圧延器材 SS400

    表面処理:溶融亜鉛メッキ HDZ45

    ※ボルト部:溶解亜鉛メッキ HDZ35

    荷姿

    2個入り/箱

    付属品
    ・M12六角ナット×2個
    ・ばね座金、平座金

  • 施工手順

    • 1. 本穴開け(ドリル径	¦8.5mm)
      下穴開け(ドリル径 φ6mm)
    • 2. 清掃・エポキシ樹脂注入
      本穴開け(ドリル径 φ8mm)
    • 3. 本体固定(PVアンカーW)
      清掃・エポキシ樹脂注入
    • 4. 断熱材設置
      PVアンカープラグ挿入
    • 5. 防水ベース取付け
      ベース版固定(PVアンカー)
    • 6. 防水施工イメージ
      防水施工イメージ(例:改質アスファルト防水)
    燕尾シート防水・ウレタン塗膜防水をご採用いただく場合には、別途施工マニュアルをご用命ください。 その他の防水広報をお選びの際には、ご相談ください。 ソーラーベースW70の設置に関してはP15の注意事項をご確認ください。 テンプレートについては、弊社施工代理店、または営業員にお問い合わせください。