TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

会社沿革

1919年(大正8年)

・東京・三河島に応用化学研究所を創業

・アスファルトルーフィングの国産化に成功

・製品ブランドを「三星」と定める

1925年(大正14年)

・防水材料ギルソイドルーフィングの特許公告

1927年(昭和2年)

・合資会社田島応用化学工業所と改組・改称

・防水工事材料の分野に本格進出

1929年(昭和4年)
  • 隅田川から小台工場を望む

  • 小台の旧本社前に立つ
    創業者武長

  • ・東京都足立区小台に工場建設、移転

    1931年(昭和6年)

    ・第3回化学工業博覧会で当社の製品が国産優良品に選ばれ
    専売特許 三星ギルソイドルーフィングが進歩賞受賞

    1932年(昭和7年)

    ・国産奨励博覧会において発明有効賞を受賞

    1933年(昭和8年)

    ・合資会社田島応用化学工業所を個人経営に変更

    1936年(昭和11年)

    ・東京都足立区宮城に宮城工場建設

    1937年(昭和12年)

    ・汎太平洋平和博覧会において、ギルソイドルーフィングが金牌受賞

    1938年(昭和13年)

    ・田島応用化工(株)に改組・改称

    1948年(昭和23年)

    ・鉄道車輌用屋根布パーマネントルーフィングが、国鉄の指定商品となり製造開始

    1950年(昭和25年)

    ・アスファルトタイル製造販売開始

    1951年(昭和26年)
  • 宮城診療所

  • 昭和26~27年頃の初荷風景

  • ・宮城診療所開設
    (〜2010年閉鎖)

    ページトップへ