TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

社長挨拶

ひとの暮らしのために、革新し続ける会社へ。

田島ルーフィング株式会社は、1919年東京・三河島で建築防水材料の製造販売会社として産声を上げました。 以来、雨漏りから建物を守ることを使命とし、95年にわたり防水材を提供し続けてまいりました。
その一方で1950年に床材の製造及び販売を開始。1965年には床材製造販売会社の株式会社タジマが設立され、今日まで皆様の大いなるご支援を賜り、防水材と床材の事業を継続発展させてまいりました。

今般2014年12月21日をもちまして、田島ルーフィングとタジマの両社が更なる事業強化を目的として統合し、新生・田島ルーフィング株式会社としてスタートいたしました。 新会社では、防水事業で培ってきた建物を風雨から守りぬく強い意志と技術力、床事業で磨かれてきた確かな品質と快適な建物環境の創造力という、それぞれの持ち味を生かしつつ両者によるシナジー効果を発揮し、よりよい製品づくりを目指します。
そして永年にわたって支えてきてくださったお客様、お取引先様との確固たる絆と信頼関係を、これまでと変わることなく大切に育ててまいります。

私たちは屋根と床のエキスパートとして、そしてなによりも建物を利用する「ひと」を第一に考える企業として、来る100周年に向けて従業員、経営陣一丸となって新たな道を切り拓いてまいります。
皆様には、新生・田島ルーフィング株式会社に対し、従前と変わらぬご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

写真

田島ルーフィング株式会社
代表取締役社長

田島国雄

ページトップへ