田島ルーフィング株式会社

社長挨拶

田島ルーフィング株式会社は、1919年に創業者の田島武長により東京・三河島で建築用アスファルト防水材料の製造販売会社として設立されました。1925年にギルソイドルーフィングの特許を公告(翌年特許取得)して以来、雨漏りから建物を守ることを使命に、長きにわたり防水材を提供し続けてまいりました。一方で1950年にアスファルトタイルの製造販売を開始し、1953年には国内初の塩ビ床材「Pタイル」を発売。テレビCMも大きな反響を呼び、塩ビ床材メーカーの先駆けとなりました。

その後、市場ニーズに応じて防水事業では塩ビシート防水やウレタン防水材料、床材事業ではビニル床シート、カーペットタイルなど多彩な製品を取り揃え、それぞれの事業が専門性に磨きをかけることで、独自性を強みに大きく発展。総合防水材、床材メーカーの体制を確立しました。その歩みには全国の工事店様、お取引先様と築き上げた、ゆるぎない信頼関係と強固なパートナーシップがあり、田島グループを継続発展させることができました。

田島ルーフィング(株)は2014年に床材事業の(株)タジマと統合し、2016年には住宅用防水材メーカーの田島応用化工(株)と統合することで、3事業のさらなる発展とシナジーを生み出す一貫体制を構築しました。建築と住宅の防水事業で培われた、建物を風雨から守り抜く高い機能性と技術力、床材事業で磨かれた快適な生活を演出するデザイン性と環境にやさしい品質。それぞれの事業の持ち味を生かして製品開発を進め、より幅広い分野で挑戦を続けております。

私たち田島ルーフィングは、基本理念に「和 革新 技術」を掲げ、建物を利用する「人」を第一に考える企業として豊かな生活空間の創造に取り組み続け、2019年には創業100周年の大きな節目を迎えました。そして、2020年にスタートを切った次の100年においても、田島グループの不変のミッションは「最高の技術と品質を追求し、お客様と確固たる信頼を築き、風雨から建物を守り、豊かな生活環境を創造する」ことにあります。これからも製品・工法の開発、サービス向上を通じて、社員が生き生きと働き、人々の幸福と社会の発展に貢献する会社を目指し、尽力してまいります。

今後とも変わらぬご支援とご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

⽥島ルーフィング株式会社 代表取締役 ⽥島国雄

田島ルーフィング株式会社
代表取締役社長

⽥島ルーフィング株式会社 代表取締役 ⽥島国雄

ページトップへ