TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

私たちの生活空間を快適に! 雨漏りを防ぐ防水層をご紹介します

私たちが提供する「防水」とは?

  • 私たちが接する水には、日常生活を営む上で必要な生活水と、雨や地下水などの自然水があります。生活水は、台所・厨房・トイレ・浴室など、限られた空間で使用し排水しますが、自然水は私たちの意思に関係無く存在し、人為的な防御がないと建物内部に浸入し、雨漏りを引き起こすだけではなく、貴重な財産にも影響を与えかねません。

    このような、建物への意図しない自然水の浸入水を防ぐため、屋上やバルコニーに施工される不透水性の連続皮膜が「防水層」です。

  • 写真

雨漏りのメカニズム

なぜ、雨漏りは起こるのでしょうか?それには3つの要因があります。

水があること

水の通り道があること

水に力が加わること

水が存在し、水の通り道があり、水に力が加わることで雨漏りが発生します。雨漏りを防ぐには、これらの要素を分断することが必要です。水の存在を無くすことはできるでしょうか?建物が屋外に建てられる限り、雨の存在を無くすのは困難です。それでは、水の通り道を無くすことはできるでしょうか?建物は数多くの部材で構成されており、規模が大きいことから、工場内で制作したり、継ぎ目のない構造体にすることは困難です。

また、一見継ぎ目のないように見えるコンクリートも、打設の時間差により生じるコールドジョイントや、地震・強風・熱による膨張や収縮といった自然界の影響を受け続けることで生じるクラックなどにより、完全に透水性能が永続するとは言い切れません。隙間の無い建築=水の通り道が無い建築を造ることは難しいのです。

  • 勾配屋根イメージ

    勾配屋根イメージ

  • 最後に「水に加わる力」について、斜めの屋根(以下、勾配屋根と呼びます)と平らな屋根(以下、陸屋根と呼びます)に分けて見てみましょう。勾配屋根は、瓦やスレートといった屋根材で仕上げられています。瓦は軒先から水上に向けて重ね合わせながら葺き上げます。瓦と瓦は、風で飛ばされないように固定されていますが、寸分の隙間が無いように接着しているわけではありません。

    雨は屋根面に落ちたあと、勾配に沿って「重力」により流され、軒樋から雨樋に排水されます。水に働く「重力」が瓦と瓦の隙間に入りこもうとする「毛細管現象による力」より強ければ、雨水の浸入は起こらず漏水には至りません。水に加わる力を無くすことはできませんが、「重力」を利用して毛細管現象の力に勝つように設計することで雨漏りを防ぐのが勾配屋根の考え方です。
  • 陸屋根では建物の屋上から四方八方に雨水が流れ落ちないように、パラペットと呼ばれる立上りが設けられ、雨水は一度屋上に貯められます。この貯まった雨水は、ルーフドレンから排水されます。雨水が貯まることで水圧が生じますから、水には力が加わることになります。そこで、陸屋根の場合には、水の入り口を塞ぎ雨水の浸入を防ぐことで雨漏りを防ぎます。この機能を担うのが防水層です。
  • 陸屋根イメージ

    陸屋根イメージ

防水層の種類

建築の現場では、多様な防水材料が使用されています。そのなかでも屋上やバルコニーなどで最も多く採用されているのが、アスファルト防水、シート防水、塗膜防水といったメンブレン防水(membrane:膜)です。

  • メンブレン防水

  • アスファルト防水

    改質アスファルトシート防水

    合成高分子防水

    濡膜防水

  • 熱工法

    常温粘着工法・トーチ工法・常温複合工法

    塩ビ樹脂系シート防水・加硫ゴム系シート防水・非加硫ゴム系シート防水・エチレン酢酸ビニル系シート防水・熱可塑性エラストマー系シート防水

    ウレタンゴム系濡膜防水・FRP系濡膜防水・アクリルゴム系濡膜防水・ゴムアスファルト系濡膜防水

メンブレン防水の他には、コンクリート表面の微細な空隙に浸透して水密性を高めるケイ酸質系の塗布防水、ステンレスシートを現場にて溶接するステンレスシート防水、目地などに充填して止水効果を得るシーリング防水、工場で成型されたパーツを、現場で組み立てて防水空間を形成するユニットバスなどの乾式工法、瓦やスレートといった屋根材の下に敷きこまれるアスファルトルーフィングなどがあります。

メンブレン防水の特長

メンブレン防水の特長は、材料形態による性能の違いをみるとわかりやすく理解できます。塩化ビニル樹脂系や加硫ゴム系のシート防水は、工場で成形された防水材料を現場で貼り合わせるため定型材料と呼ばれます。ウレタンゴム系やゴムアスファルト系といった液状の塗膜防水は、現場で施工されて初めて形が定まるため、不定形材料と呼ばれます。定形材料は、厚みが一定である反面、シート相互の接合部を確実に処理する必要があります。逆に、不定形材料は液状ですので継目無く仕上がりますが、下地の凹凸により皮膜の厚さが不均一になりやすいという傾向があります。

もっとも歴史のあるアスファルト防水熱工法は、定形材料のルーフィングを、260℃程度で溶融した液状のアスファルトで貼り付けて施工する、定形・不定形の複合型防水工法の原型といえます。塗膜防水では、この両者の特長を取り入れ、補強布を挿入したり通気緩衝シートと組み合わせた工法が開発されています。

材料形態ごとの断面図(イメージ)

  • 定形材料断面図

    定形材料断面図

  • 不定形材料断面図

    不定形材料断面図

  • アスファルト断面図

    アスファルト防水断面図
    (定形+不定形)

仕様・工法

防水層の分類は、アスファルト防水、改質アスファルトシート防水、シート防水、塗膜防水といった、原料別・形態別の分類の他に、施工方法の違いや、下地への固定方法、仕上げ材の有無、断熱材との組合せとにより、多くの仕様・工法に分かれます。

a. 保護仕様と露出仕様

防水層の耐久性能向上や、屋上を積極的に利用する場合には、防水層上に保護仕上げ層を設けます。保護仕上げ層には、コンクリートやブロック、アスファルトコンクリートなどが用いられます。
それに対して、防水層がそのまま仕上げ材になったり、保護塗料などを塗布して仕上げたりするのが露出仕様です。屋根が軽くなるだけではなく、改修工事を行いやすくなるといったメリットがあります。

  • 保護仕様

    保護仕様

  • 露出仕様

    露出仕様

b. 密着仕様と絶縁仕様

防水材そのものを屋上全面に貼り付ける仕様を密着仕様といい、接着剤で防水層を全面に接着する仕様を接着仕様といいます。それに対して、部分的に接着させる仕様を絶縁仕様といいます。密着仕様と接着仕様は、下地と防水層の間に隙間が無いため、漏水時に防水層の不具合箇所を推定しやすいというメリットがあります。

露出防水では、下地の湿気によりフクレが生じやすくなります。絶縁仕様は、フクレ防止や下地の挙動に対して有効ですが、強風地域の露出防水で採用する場合には、耐風圧性能の検証が必要となります。

c. 断熱仕様

建物に断熱材を設置する場合、構造躯体の外部に設置するやり方(「外断熱」と呼ばれる)と、内側に設置するやり方(「内断熱」と呼ばれる)があります。外断熱は、外気温の変化から構造体を守ることができ、内断熱は、冷暖房の立上りが早いという特徴があります。

外断熱の場合、防水層と断熱材の位置関係には、下地側に断熱材を設置してから防水層を施工する工法と、防水層を施工した後に断熱材を設置するUSD(Up Side Down)工法があり、前者は露出断熱仕様で多く採用され、後者は保護断熱仕様で主に採用されています。

材料形態ごとの断面図

  • 外断熱イメージ

    外断熱イメージ

  • 内断熱イメージ

    内断熱イメージ

ページトップへ