TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

日本の建物を守ってきた アスファルト防水100年の進化系「BANKS工法」

BANKSとは

Point1
アスファルト防水100年の結論

アスファルト防水100年の歴史が生んだ次世代型建築防水「BANKS工法」。改質アスファルトの耐候性、専用器具による安定した施工性が、あらゆる屋上の要請に応えます。

  • BANKS工法の施工風景

    BANKS工法の施工風景

    高品位の改質アスファルトを使用したルーフィングと専用工具の組み合わせが
    BANKS工法の真髄です。

Point2
全層改質アスの積層工法

BANKS工法で使用するすべてのルーフィングは、高品質の改質アスファルトを使用。従来の熱工法と同等のポテンシャルを保ちながら、省層数、省工程を実現した次代のアスファルト防水です。

  • バンクルーフバンクルーフ構造

    BANKS工法の中核をなす強力バンクルーフ。表面に特殊処理を施したフィルムをラミネートした、自着層付改質アスファルトルーフィングです。表面フィルムの下には溶融性の高い改質アスファルト層がコーティングしてあり、ルーフィング表面をバーナーで溶かすことで2層目のルーフィングを流し貼りのように施工することができます。

Point3
BANKSの進化を物語る専用工具のラインナップ

BANKS工法の先進性は、施工法にも現れています。バーナー、ローラーを使用した立位での施工は、目視による視認性を確実にし、安定した防水層の形成に威力を発揮します。

  • BANKS専用工具BANKS専用工具

    ■BANKS専用工具

    アスファルト防水の施工方法に革新をもたらしたバンクス工法の工具類。左からバンクスローラー平場用、立上り用、灯油バーナーセット(※コンプレッサーは別途ご用意ください。)

仕様

BANKS工法の各種仕様

砂付ルーフィング仕上げ(露出仕様)、押えコンクリート仕上げはもちろんのこと、室内仕様や塗膜防水併用仕様など、BANKS工法は建築防水のあらゆるシーンでご採用いただけます。

  • デジタルカタログへ

  • デジタルカタログへ

  • デジタルカタログへ

  • デジタルカタログへ

仕上げ

アスファルト防水層を紫外線から守る保護塗料「SPシリーズ」。SPサーモコート、SPファインカラーは赤外線を反射し、防水層の温度上昇を抑え耐久性を向上させます。

  • 保護塗料

    SPサーモコート仕上げ

  • 保護塗料

    SPファインカラー仕上げ

  • アスファルトマスチック板の表面を彩色した砂粒で仕上げた、厚さ6mmの軽歩行用保護板です。

  • 天然の細砂粒と樹脂バインダーを混合し、成型した厚み7.5mmの化粧仕上げ材です。裏面の粘着層でアスファルト防水層に貼り付けます。

  • 彩色バリキャップ

  • ステップスクエア500

  • 吸水性の低い高性能モルタルに骨材を加えて成型したコンクリート二次製品です。

  • RBタイル

    ポリスチレン系断熱材とモルタルを同時成型した、厚み65mm(断熱材厚み50mm)の複合タイルです。

  • エイブロック

  • RBタイル

  • 耐根性能に優れた「ルートガード」を採用することで、本格的な屋上緑化を楽しむことができます。保水排水パネル「FDドレイン」を中核としたGウェイブシステムが植物の生育を支えます。

  • 防水層との取り合いに配慮した乾式ソーラーパネル設置用基礎「PV-FIX ソーラーベース」。架台一体型ソーラー基礎「PV-FIXソーラーステイ」が安全確実に太陽光パネルを支えます。

  • 屋上緑化

  • 太陽光パネル

技術資料

(財)日本建築センターの建設技術審査証明における試験の評価をご紹介します。

BANKSを支える「改質アスファルト」。高い信頼性の証をご紹介します。

下地とのコンタクトを確実にするストライプ粘着層。フクレ防止のシステムをご紹介します。

アスファルト防水100年の伝統を受け継いだ、BANKSの施工法をご紹介します。

材料紹介

  • 設計価格表 PDF
  • デジタルカタログへ

ページトップへ