TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

田島ルーフィングがご提供する 床材・防水材の環境情報です。

床材の環境への取り組み

独自技術を磨き、循環型社会の実現に貢献する

当社では企業活動のさまざまな場面で、循環型社会の実現に向け、常に独自技術を磨き、努力を積み重ねています。商品や工法の開発段階から、製造、物流、施工、使用、廃棄・再利用まで、具体的な取り組みの一部を紹介します。循環型社会の構築に応えていくことが、当社の大きな使命であると考えています。

製造時の廃棄物の発生を抑制
床材の製造時に発生する廃棄物をゼロに近づけます。
置敷きビニル床タイル・リサイクルシステムを考慮した
床材と工法の開発
レイフラットタイルやカーペットタイルといった
置き敷きしても安定する材質と構成がそのひとつです。
ビニル床材の自社内リサイクル
保有する各種のビニル床材の製造設備において、加工端材はすべて床材にマテリアルリサイクル。離れた工場間でも、再生材をやりとりし、最終的に廃棄物を出さない仕組みを作り上げています。
農業・園芸用のビニルフィルムなどを
床材に再利用
このリサイクルに必要な回収・分別・洗浄・粉砕・造粒といった行程の技術を他に先駆けて開発し、1974年より行っています。

簡易梱包による納入方法の検討
品質保証を優先した簡易梱包による商品および材料の納入方法を検討しています。

施工端材の回収と再利用
環境省の広域認定制度(廃掃法第15条の4の3に基づく特例)により 環境大臣の認定を受けた関連団体のもとに、建設現場で発生するビニル床材の 施工端材・余材及び使用済み置敷きビニル床タイルを回収し、再利用しています。
廃棄を抑える梱包材の使用
再利用可能な素材の梱包紙に変更し、そのリサイクルを推進。
また、リサイクル可能なプラスチック容器(Rパック)を
接着剤・下地補修剤・下地表面強化剤に採用しています。


長寿命化商品の提案と商品開発
求められる建築材料の長寿命化にこたえ、より長く使い続けられる商品を
開発し、提供しています。
有害物質の排除と代替を推進
当社の各種床材、接着剤などの商品群はすべてホルムアルデヒドを一切使用していません。 またトルエン・キシレンを廃止、接着剤の無害化・無溶剤化を進め、VOC対策の商品を提供。 可塑剤の揮発を大きく抑えたビニル床材を用意しています。さらに天然原料使用の床材(リノリウム)も提供しています。
改修時に発生するビニル床材のリサイクル
改修建築現場等で発生する使用済みカーペットタイル、
レイフラットタイルについては、床材原料として再利用しています。

床材のグリーン購入法適合品/エコマーク認定商品一覧

グリーン購入法適合品、エコマーク認定商品一覧

2014年12月現在

グリーン購入法適合品、エコマーク認定商品一覧

床材のVOC対策

JISで定められている測定方法では、1m2の面積の建材から一時間あたりに、どのくらいのVOCが放散されているのかが判ります。 一方、厚生労働省や文部科学省が制定している指針値は室内濃度ですので、放散速度を濃度に換算する必要があります。
この濃度換算は、放散速度と部屋の容積、換気、施工面積で決まりますが、インテリアフロア工業会では簡便な室内空間モデルとして、デンマーク方式(部屋容積17.5m3、換気回数0.5回、仕上げ材および建具を含む面積44.4m2)を採用しております。例えば、トルエンの室内濃度指針値は260μg/m3ですので、この指針値を超えない為の放散速度は、以下の式で求まります。

以下、他の対象物質も同様に計算した結果が下表となります。

VOC放散値および室内濃度換算値の例

※1  試験方法:JIS A 1901「小形チャンバー法」・試験体16.5cm角2枚(L=2.2[m2/m3])・試験条件28˚C、RH50%・換気回数0.5[/hr]、7日目

※2 ND=検出せず(定量下限値未満)

室内濃度への換算

床材の実測放散速度を室内濃度に換算する際には、以下の換算式に依っています。

C:室内濃度[μg/m3]、L:建材(仕上げ材)の負荷率[m2/m3]、n:換気回数[/hr]、E:放散速度[μg/m2・hr]

C=(L/n)×E
L=仕上げ材総面積/部屋容積=44.4/17.5=2.537[m2/m3]
n=0.5[/hr]を代入すると、C=5.074E
従って、放散速度の5倍が室内濃度の目安となります。
また、仮に床材のみ考慮すれば良い場合は、
L=床面積/部屋容積=7/17.5=0.4[m2/m3]
n=0.5[/hr]を代入し、C=0.8Eとなり、放散速度の0.8倍が室内濃度の目安となります。

VOC対策品一覧

下記商品は、通常の商品がVOC対策品となっているものです。その他の特注対応商品もありますので、詳しくは営業所までお問い合わせください。

床材のアスベスト使用状況について

当社における過去のアスベスト(石綿)の使用状況

当社における過去のアスベスト含有製品の製造状況は、以下の通りです。

※1 当初輸入していたクッションフロアのみ該当し、国産化したGPフロアにはアスベストは一切使用しておりません。

※2 2007年9月まで販売していた同名の接着剤(アクリルエマルション系)とは異なる商品です。

・現在販売している全ての製品について、アスベストは一切使用しておりません。
・歴代ソフト巾木には石綿を一切使用しておりません。
・表にある通り、当時使用していたアスベストの種類は全て白石綿です。
・かつてアスベストを使用していた床材及び接着剤は全て“非飛散性アスベスト含有建材”に該当します。
 従いまして日常の使用において大量に飛散する恐れは無いと考えられております。
 ただし、建物の解体や床材の撤去についてはこの限りではありません。
 気中への飛散防止のための処置として湿潤させるなど厚生労働省「石綿障害予防規則(分類レベル3)」に準じた適正な対処を実施する必要があります。

ページトップへ