田島ルーフィング株式会社

リバンプ工法で建築物の長寿命化を実現します

長く供用された建物の躯体の状態は決して一律ではなく、建物毎に異なります。それは、立地や環境、元施工、材料や仕様、維持管理の状況などにより、建物毎、あるいは部位毎に劣化状況が異なるからです。
すなわち、建物毎に躯体の状態を把握し、それに適した補修を行うことこそが、建物の長寿命化を成功させるポイントとなります。 劣化状態に応じた躯体補修工法と、適合した表面保護工法を適宜組み合わせて使用することで、建物を長寿命化へ導きます。

ページトップへ