TAJIMA FLOOR(田島の床材)

田島ルーフィング株式会社

NEWS

  • TOP
  • NEWS
  • PICK UP
  • [Ptiles Life]#2─東京こども専門学校 3号館(東京都文京区)

2022.01.01

[Ptiles Life]#2─東京こども専門学校 3号館(東京都文京区)

──時代とともに。ひとのそばに。

1953年の発売以来、さまざまな場所で彩りと心地よさをつくり、人々のくらしを足元から支えてきたPタイル。
長きにわたり愛されているPタイルの活躍をご紹介します。

Ptiles Life #2
#2

東京こども専門学校 3号館
東京都文京区

保育施設運営の実績をいかした学校教育で、専門性・実践力を備えた保育士を育成。

東京こども専門学校 3号館
ドットにもラインにも見えるフロアデザイン

ドットにも、ラインにも見えるフロアデザイン。「色の強さにもこだわることで、同じパターンがさまざまな見え方をするんです」

洗面所スペース

曲線をいかしたデザインは、洗面所スペースの床にまで。鏡のデザインとともに、ぬくもりのある空間を生みだしている。

曲線と四角で生まれる全体のバランス

壁のやわらかな曲線と、床の少しかたい印象の四角の組み合わせで、全体のバランスが生まれている。

東京こども専門学校 通路・壁

学び舍の時は、人を育て伝統をつくりだす。
傷ついても見劣りしないのが、Pタイルの素材感。

保育士を養成する専門学校として、どのような生徒を育成したいのか。そこから導き出された空間コンセプトは「やさしい色づかい」でした。Pタイルの新色を生かしながら、組み合わせを選んでいきました。

教育の場として、学校には伝統が望まれます。そして、伝統をつくるためには時間が必要です。建築とは、風雪に耐え、多くの人に使われるもの。その傷つき、汚れていく様を含め、どのようにデザインするのかを考えたとき、Pタイルの素材感がしっくりとくるのです。

例えば、20年後に入学した学生にも「ここにいたい」と思ってもらえるように。そんなことを想いながらこの学びの空間を設計しました。

建築家 照井 康穂 株式会社照井康穂建築設計事務所 代表取締役

建築家 照井 康穂
株式会社照井康穂建築設計事務所 代表取締役

Pタイル|商品ラインナップ
Pタイル|サンプル帳・カタログのご請求
Pタイルについてのお問い合わせ

一覧に戻る